必見!住宅ローン返済術
 
記事一覧
■金利のタイプで
返済が変わる
■住宅ローンに
かかる諸費用
■ローン返済の
負担を減らす
■ローンの上限
■ローンとキャッシング
■抵当権を放置しておくと・・・
住宅ローンも多様化


一般的に人生で一番の大きな借金といえば住宅ローンになると思います。
高額で長期の返済が必要になってくるため
借入れする時よりも返済の方が大変になってきます。

ローンの種類が生活スタイルの多様化と共に増えて行き
銀行ローンだけでも5000種類近くの住宅ローンが存在します。
公財形貯蓄残高の10倍から最高4000万円まで借りられる公的な住宅ローン。
自治体融資では、その都道府県や市・区・町などに
住んでいるか働いている人限定で借りる事が出来ると言ったものがあります。

銀行・信用金庫や労働金庫、
生命保険会社・住宅ローン専門会社などでも住宅ローンを扱っています。
制限や金利、返済条件など、各社それぞれの特長がありますが、
あまりにも多すぎてどこで借りればいいのか分からなくなってしまいます。

しかし、住宅ローンは高額で、返済も長期になります。

金融情勢に合わせて金利が変動するもの、
期間を固定して一定金利で返済して行くもの。
3年・5年・10年など、固定期間終了後は金利が合わる物もあります。

世の中の金融情勢によって、景気や金利の変動が
特になる場合もあれば損になる場合もあります。
借入金額や、返済方法など個人の生活スタイルにあった物を選ばなければ
返済が長引くほど返済額は大きくなってしまいます。

無理な返済計画では、生活を圧迫したり
滞納が続けば、家を手放す事にもなりかねないので
借入れをする前にしっかりと計画を立てる必要があります。

繰少しでも返済残高を減らす事が出来れば、
一回の返済金にそんなに差が無くても、
毎月、数年となるとかなりの差額が出てきます。

賢く借りて、賢く返済すればかなりお得な結果が出るはずですよ。



更新履歴

Copyright (C) 2013 必見!住宅ローン返済術 All Rights Reserved.