トリキュラーと他の薬の飲み合わせについて知ろう

避妊方法にも様々な種類がありますが、特に低用量ピルであるトリキュラーは正しく飲むとほぼ完全に避妊が出来ると言われるほど効果の高い薬となっています。

トリキュラーは正しい服用で効果を得られる薬ですので、飲み忘れなどがないよう、きちんと管理は行っておきましょう。

それから、トリキュラーを利用する場合は他の医薬品との飲み合わせが心配という方もあるのではないでしょうか。
すでに何らかの疾患で治療を行っているという場合は、より安全に利用するためにも医師にそのことはしっかりと伝えておきましょう。

飲み合わせが良くない薬としてはまずは抗生物質があげられます。テトラサイクリン系やペニシリン系の抗生物質はトリキュラーの再吸収を抑えてしまい、避妊の効果を弱めてしまったり、不正出血が起こりやすいとされています。

そしてサプリメントとして活用されているセントジョーンズワートもトリキュラーの代謝を進ませてしまい、避妊の効果を弱めたり、不正出血を起きやすくするとされています。
医薬品だけではなく、サプリメントを飲んで入る人も医師に相談しておくことがおすすめです。

このほかにも結核の治療に利用されているリファンピシンやてんかんの予防薬、肺動脈性高血圧の治療に使われているボセンタンなどの飲み合わせが良くないとされています。

さらに飲み合わせ相手の薬の作用に影響が出る場合もあり、炎症を抑えるステロイドは、トリキュラーを飲むことで代謝が抑えられ作用が強まるとされています。

このほかにも三環系抗うつ剤と一緒に飲むとその作用を強めてしまうともされておりこちらも注意が必要です。
トリキュラーは避妊効果に優れていますが、何らかのサプリメントや医薬品を飲んでいる場合は何らかの影響が起きる場合もありますので、服用前には医師にしっかり相談しておきましょう。