第2世代黄体ホルモンを含む低用量ピルのトリキュラー

ピルには、合成卵胞ホルモン剤と合成黄体ホルモン剤の2つ配合された経口避妊薬であり、排卵の抑制や受精卵の着床抑制、精子通過阻害など合成ホルモン剤の作用により避妊率を高めています。
現在では、副作用のリスク回避の為に低用量ピルが主流となっており、月経困難症や子宮内膜症などの治療にも高容量や中容量では無く、低用量や超低用量、黄体ホルモンだけを含む薬剤などホルモン量の少ない薬剤が医療機関で処方されています。
プロゲステロンとも呼ばれる黄体ホルモンは、排卵後の卵巣の黄体化した卵胞が内分泌組織を形成し、排卵から次の生理が始まるまで多量に分泌され、体温を高く、子宮内膜を柔らかくします。
トリキュラーは、第2世代漸増型3相性低用量ピルに分類され、日本国内で最も人気のある経口避妊薬です。
第2世代低用量ピルは、第1世代に比べて黄体ホルモンや卵胞ホルモンの総摂取量を軽減して、頭痛や腹痛、吐き気などの副作用を軽減していますが、第2世代に含まれる合成黄体ホルモンのレボノルゲストレルの作用が強い為に、男性化作用が発現するデメリットがあります。
副作用を軽減する為にトリキュラーは、服用薬に含まれるホルモン量が均一な一相性型では無く、3段階の薬剤で生理後半にホルモン量のピークを合わせる漸増型3相性の避妊薬となっています。
トリキュラーは、分泌されるホルモン量と摂取するホルモン量のバランスが良く副作用が少ないのですが、トリキュラーに含まれるエストロゲンは、肝臓由来の凝固因子を増加させる為に血栓が出来易くなると考えられおり、エストロゲンの量の多いピルは血栓症の頻度が高く、静脈血栓症の発症リスクが非常に高くなっています。
特に喫煙者の発症リスクが異常に高くなっています。