避妊対策以外にもトリキュラー服用

低用量ピルはただの避妊薬だと思っている人が多いかもしれません。
しかし実際は女性が毎日を快適に過ごすためにはとても役立つ薬なのです。
低用量ピルを服用している最中は、体は妊娠中だと勘違いします。
そのため排卵が起きません。
卵巣に無駄な排卵を強いないので、卵巣を元気な状態に保つことができ、5年以上服用すると卵巣がんのリスクが減ることもわかっています。
また、子供が欲しくなった時にピルの服用をやめると、今まで休んでいた卵巣が元気な卵子を作ってくれるので子供ができやすいというデータもあります。
今は子供は欲しくないけど、将来的には欲しいという人にもおすすめです。
そして一番効果があるのが生理痛と生理前に起こる諸症状の緩和です。
生理の初日と2つ目はお腹が痛くて横になっていないとだめだというほどの女性も中にはいます。
そんな人にこそ低用量ピルはおすすめです。
生理が始まった日から服用を開始するのですが、次の生理は驚くほど軽くなっているはずです。
子宮内膜症の治療にも使用されることがあるので、一度産婦人科を受診して相談してみましょう。
生理前になるとニキビが繰り返しできてしまったり、頭痛がするなどの症状も緩和されます。
個人差はありますが、まったく症状がなくなるという人もいます。
低用量ピルには種類がありますが、日本で一番処方されているのがトリキュラーです。
トリキュラーは服用始めに出る吐き気や胸の張りなどの副作用が少ないとされており、長期服用による不正出血も起きにくいです。
産婦人科を受診するとまずはトリキュラーの服用をすすめられると思いますが、相性が悪い場合もあるのでその時は医師に相談して違う種類のものを処方してもらいましょう。