Monthly Archives: 2月 2016

トリキュラーの用途は、子供を作らないように避妊することにあります。トリキュラーは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きを活性化させることによって避妊効果を生み出すことを目的としています。つまり、子供を作らないように避妊させることがトリキュラーの主な用途になるのです。
基本的に、トリキュラーの卵胞ホルモンの配合量は21日間で一定になっているのですが黄体ホルモンに関しては三段階に変化します。前半に不要な物質を排除して自然のホルモンの分泌パターンを作り出すことによって高い避妊効果を発揮することが可能になるのです。
利用するときには正しい用途で使わないと避妊効果が低下してしまう可能性があるので、その点に関してだけは注意が必要なことを知っておきましょう。
トリキュラーの素晴らしい点は、用途に従って利用すれば必ず子供を作らずに避妊することが出来るということです。一般的な避妊効果のある薬でも100%に近い避妊効果を生み出すのは困難なので、この薬がいかに優秀かを示しています。
そもそも、この薬を利用すると排卵が起こらなくなるため子供を生み出すときの過程が生じることがありません。卵巣に存在する卵胞が成熟することがなくなるので、排卵そのものを起こすことがなくなるのです。物理的に精子と卵子の出会いを無くすことが出来るので子供は絶対に生まれなくなります。受精卵を着床しづらくするという性質をもっていますので子供が生まれません。ホルモンバランスなどを変えることによって子宮内の状況を変えることが出来るので受精卵が着床しないのです。
トリキュラーには、精子を子宮内に侵入させないという効果もあるので万が一に精子が子宮内の中に出てしまっても何の問題もないのです。