PMS「月経前症候群」になる体質

月経前症候群(PMS)とは、月経が始まる1週間から2週間ほど前に、イライラする、頭痛や腹痛、眠気が酷いなど、などのさまざまな不快症状が起こり、月経がはじまると解消されるというものです。

生理には周期があり、卵胞期になると、卵胞ホルモンのエストロゲンの分泌が増えて、排卵を迎えます。排卵されると、卵子から今度は黄体ホルモンのプロゲステロンが分泌されて黄体期になります。PMSは、黄体期に起こるもので、不安が増強される物質と不安が軽減される物質の両方が分泌されます。

PMSになりやすい体質とは、不安増強物質が多い傾向にあると思われます。黄体期は、卵胞ホルモンのエストロゲンが減少するため、更年期と同じように、不安を抑制するセロトニンの分泌量が低下するため、イライラしたり、落ち込みやすくなるといった精神的な症状が起こったり、ホルモンバランスが崩れるので、自律神経にも影響し、交感神経が緊張します。

交感神経が緊張すると、体内の血流が悪くなり、頭痛や肩こり、めまいやむくみ、吐き気など、様々な悪影響を及ぼし、それによって交感神経の緊張がさらにひどくなって悪循環となってしまうのです。

PMSは、トリキュラーなどの低用量ピルを服用することで改善することができます。低用量ピルは、プロゲステロン類似ホルモンとエストロゲンが含まれ、女性の卵巣で作られる女性ホルモンの作用を利用してして妊娠したのと同じ状態にして、妊娠を防ぐ医薬品です。トリキュラーなどの低用量ピルを服用すると、月経前のホルモンバランスの変化が少なくなるため、ホルモンバランスによって影響されることがなくなり、PMSの症状が改善します。

トリキュラーなどの低用量ピルには、ホルモン含有量などが異なっているため、自分の体質に合うものを探すことが重要です。体質に合うかどうかはしばらく飲み続けていないとわからないので、医師に相談しましょう。