PMS「月経前症候群」を緩和にはアロマ

月経前症候群、英語の略称で「PMS」とよばれている現象は、女性の8割ほどが経験したことがあるといわれていますが、本人以外の周囲には理解されにくい辛いものです。おおむね生理が始まる2週間ほど前からはじまり、心身にさまざまな不調をもたらすものの、生理がはじまってしばらくすると症状が消滅します。
具体的な症状については個人差が大きいものの、身体的には体のむくみや胸の張り、頭痛、めまい、腹部の痛みなど、精神的にはイライラ、不安感の高まり、感情の起伏が激しくなるなどが挙げられます。
こうした不快な症状を改善するにはさまざまな工夫がありますが、アロマテラピーで使用されるようなアロマオイルなども特に有効であるとされています。アロマを症状に応じて適切に組み合わせることによって、目的の効果を得ることができます。
例えば、ゼラニウムには自律神経の調子を整えたり、鎮痛効果があるといわれています。ラベンダーは、心身をリラックスさせたり、不眠症状を解消するなどの効果があります。カモミールロマンには、感情を適切にコントロールしたり、鎮痛や炎症を抑えるなどのはたらきがあります。
また、PMSは生理によって女性ホルモンのバランスが崩れたことが主な原因となっていますので、トリキュラーのような低用量ピルを服用することによって、ホルモンバランスを整えるというのも有効な方法です。
トリキュラーはバースコントロールの目的で利用されることがもっぱらですが、もともとわが国では低用量ピルが解禁される以前は、生理不順やPMS解消などの目的で、有効成分がさらに多めのピルが医師によって処方されていたという経緯があります。
トリキュラーは有効成分が従来のものよりも少ないため、服用による副作用を最低限に抑制しながら、目的の効果を得ることが可能です。